Q & A - よくある質問 -
よくある質問

Q. 外国人技能実習生受入れは、国際貢献になるのですか?

受入れ自体が、国際貢献です。外国人技能実習制度の目的の一つは人材育成です。日本の企業で3年間の実習を終えた実習生は、受入れ企業の現場で学んだ知識と技術を母国に持ち帰ります。送出し国にとって、帰国した実習生は技術力を持つ優秀な人材で、国を支える財産なのです。受入れることが、そのまま国際貢献になる。それが、外国人実習生受入れです。

Q. 外国人技能実習生を受入れて良かったと言われることは何ですか?

若く吸収力があり、やる気のある実習生が職場に来た・・・
学習意欲が高く、行動力がある実習生が職場に来ることによってうまれる良い意味での緊張感、活気がでます。

二年目以降になると、自らの成長のために快く他の人が嫌がるような仕事も引き受け、遅刻欠勤も無く張り切って実習を行ってくれます。そんな彼らを見て、「若い日本人と接する中では、もう見ることが出来ない若さやガッツ、パワーがある」というコメントを頂く事も多々あります。 大手企業様の中には、自社海外工場のTQMを推し進める中で実習生制度を活用し、その成果を見て良かったと言われるケースもあります。

Q. 外国人技能実習生って本当に日本語は話せるの?

小学校低学年前後の日本語レベルです。たどたどしい挨拶や単語単語で区切らないと理解できません。これが一年経つ頃には、発音はもとより活用や文法にも慣れてきて、相手の言うことを理解するだけではなく自分の意思を伝えることも出来るようになる事例も多いです。 2年目以降は後輩が出来ることもあり、企業様と実習生のコミュニケーションをお手伝いするレベルに達する実習生も多くいます。

弊組合では、日本語教育は特に力を入れています。
入国前の現地研修から、入国後の集合研修まで一環して使える日本語を学習させ、企業様に配属後は、日本語検定対策講座の開催や、無料教室の紹介など、実習生が継続して日本語能力を伸ばせる環境作りを意識しています。

Q. 宿泊施設での注意点は?

宿泊施設には、生活をする上で必要となる空間と設備が必要となります。
実習生は、御社の寮に入った時点で自力で生活に必要な設備を用意するだけのお金を持っていません。その為、洗濯機や冷蔵庫といった生活に必要な備品も用意して頂く必要があります。

Q. 従来の研修制度との違いは?

従来の制度では、入国後1年間は『在留資格(VISA) ・研修』の『研修生』で、技能実習生には2年目以降昇格して企業との雇用契約を結ぶ体制でした。新制度では、入国後『在留資格・技能実習』の資格で企業と雇用契約し、3年間日本人従業員と同様の待遇で実習する事になります。もちろん入国後3年間、企業は実習生の待遇にも労働基準法など関連法令を遵守しなければなりません。

お問合わせ

お電話 06-6227-8150 受付時間9:30〜18:30(土・日・祝日はお休みです)
FAX 06-6208-2587
Mail t.kobayashi@kaigai-support.or.jp 担当:小林
フォーム お問合わせフォームはこちら

Blog,Contact

  • オフィシャルブログ
  • お問合わせ
ページトップへ